篠原有司男と乃り子(前衛美術家)のアートが凄すぎ!悪魔とげんこつと作品を調査【クレイジージャーニー】

スポンサードリンク

どうも!

きらです!

ニューヨークで活躍する日本人美術家がいます。

自分を信じ、我流を貫くとんでもない美術家

なんです!

その名も

『篠原有司男と乃り子』

夫婦で活躍されている前衛美術家です。

この夫婦が、2019年5月15日の

『クレイジージャーニー』

で紹介されます。

今回は、このとんでもない美術家夫婦を

調べてみました!

目次

1.篠原有司男さんと乃り子さんの

プロフィール

2.前衛芸術ってなに?

3.篠原有司男さん夫婦の作品は

4.まとめ

スポンサードリンク

1.篠原有司男さんと乃り子さんのプロフィール

出典元:https://eiga.com/news/20131005/9/

名 前 : 篠原有司男(しのはら うしお)

生年月日: 1932年1月17日

出身地 : 東京都

学 歴 : 東京藝術大学中退

通 称 : ギュウチャン

出典元:http://openers.jp/article/19217/4

名 前 : 篠原乃り子(しのはらのりこ)

生年月日: 1953年生まれ

出身地 : 富山県高岡市

学 歴 : アート・スチューデンツ・リーグ

(ニューヨークの美術学校)

この写真からして、素晴らしいですよね(笑)!

87歳にして、モヒカンは素敵すぎます!

このモヒカン姿は1950年代より以前からで、

日本で初めて『モヒカン刈り』をした人らしい

です!

1960年代に前衛芸術グループの

『ネオダダイズム・オルガナイザーズ』

を結成します。

このときに、布を巻きつけた両こぶしに

墨汁をつけて壁に打ち付ける

『ボクシング・ペインティング』

と呼ばれるパフォーマンスを行うなど

過激なパフォーマンスを披露していました。

ボクシング・ペインティング

出典元:https://www.cinematoday.jp/news/N0056944

1960年代にアメリカのアートに憧れ

ニューヨークへ旅立ちます。

ですが、アメリカではなかなか評価されず、

1990年代になってからやっと評価されるように

なったとか。

約20年以上なかなか評価もされず、

でも自分の絵を信じて活動を続けた

篠原さんには脱帽です。

奥様の乃り子さんは、1972年に

ニューヨークの美術学校に通うため

に渡米します。

その翌年に篠原有司男さんと出会い、

共に活動を始めることになります。

篠原有司男さんと共に制作活動を続け、

1979年には結婚します。

ですが、当時の篠原有司男さんは鳴かず

飛ばずで、酒に溺れる日々を繰り返して

いました。

そんな夫を支え続け、自分の芸術を追い求め

ようやく渡米20年に初の個展を開くのでした。

スポンサードリンク

2.前衛芸術ってなに?

そもそも、『前衛芸術』ってなんでしょうか。

気になったので調べてみました!

既成の芸術概念や形式を否定し、革新的な表現をめざす芸術の総称アバンギャルド

まさしく、篠原有司男さんのためにある

言葉ではないでしょうか(笑)

自身のモヒカン刈りからはじまり、

『ボクシング・ペインティング』

などなど・・・

今までの概念にとらわれない、

自身の芸術を追求してきた篠原有司男さん

にピッタリな言葉でしょう!

3.篠原有司男さんと乃り子さんの作品は?

それでは、このお二人がどのような

作品を作り上げているか見てみましょう!

出典元:http://www.new-york-art.com/

出典元:http://openers.jp/

出典元:http://gyuchang.jugem.jp/

出典元:http://anomalytokyo.com/

僕自身、芸術のことは詳しくありませんが、

独特な世界観があって好きですね。

実はこのお二人のドキュメンタリー映画が

あるんです。

2013年公開の

『キューティー&ボクサー』

監督はアメリカ人の

『ザッカリー・ハインザーリング』

大手ケーブルテレビ局でキャリアを

積み、この作品が長編映画の監督

デビュー作品です。

出典元:http://www.cinemarise.com/

予告動画

4年に渡り篠原夫婦に密着し制作

されました。

ニューヨーク在住の40年が記録されて

います。

予告動画の1:37あたりに、実際の

『ボクシング・ペインティング』

の様子も見れます!

4.まとめ

現在87歳の芸術家を調べてみた結果

・日本で大活躍していたにも関わらず

アメリカの芸術に憧れ渡米。

・しかし、鳴かず飛ばずで極貧生活を

続ける

・自分の芸術を信じ続けたことで

80歳にしてブレイク

・芸術活動を支えた最高のパートナー

がいた

このお二人が

クレイジー・ジャーニー』で

特集されます。

どんな番組になるかとても楽しみです。

放送を楽しみに待ちましょう!

今回も最後までご覧いただき

ありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする