齋藤優一郎(プロデューサー)が手掛けたアニメ映画とは?気になる経歴も紹介!【ナカイの窓】

スポンサードリンク

2018年9月5日放送の『ナカイの窓』

に、映画プロデューサーの『齋藤優一郎』

さんが出演されます。

名前を聞いても『?』だったんですが、

2018年8月30日より公開の

『未来のミライ』のプロデューサー

だったのです。

ということは、あの『細田守』作品にも

関わっているんです。

今回は、そんな『齋藤優一郎』さんを調べて

いきます!

目次

1.齋藤優一郎の経歴

2.齋藤優一郎の作品紹介

3.まとめ

1.齋藤優一郎の経歴

出典元:Character JAPANより

名前:齋藤 優一郎(さいとう ゆういちろう)

生年月日:1976年11月5日

出身地:茨城県守谷市

職業:アニメ映画プロデューサー

スタジオ地図代表取締役

アメリカ留学後の1999年に、日本の

アニメ制作会社であるマッドハウスに入社

します。

マッドハウス時代から、プロデューサーを

務め、海外との共同制作や、実写映画との

コラボ作品も多く製作しました。

マッドハウス時代に細田監督の

プロデューサーも務めていて、関わった作品

というのは、

『時をかける少女』

『サマーウォーズ』

どれも大ヒット作品です。

作品は下記で紹介しています。

その後、2011年にマッドハウスを退社し、

細田監督と『スタジオ地図』を設立します。

細田監督自身、このスタジオをこう語って

います。

とっても小さなスタジオ。一番いい形で

作品作りができる、最適な場所を求めた

結果です。

引用先:eigacomより

齋藤優一郎さんと細田監督は、ある作品

を作るためこのスタジオ地図を設立したの

です。

『おおかみこどもの雨と雪』

最高の形で作品を作りたいと思い、この作品

を作った結果が、映画観客動員ランキングで

初登場2位となって、興行収入42.2億円

の大ヒット!

自分の作りたい作品を、最高の仲間と共に

作り上げ、その作品がこのように評価され

るというのは最高の気分だったでしょうね!

スポンサードリンク

2.齋藤優一郎の作品紹介

それでは、齋藤優一郎さんが手掛けた

細田監督作品を紹介します。

・時をかける少女(2006年)

出典元:公式ホームページより

2006年7月15日に公開。

アニメ制作はマッドハウスでした。

筒井康隆の小説『時をかける少女』が原作

ですが、このアニメ映画は約29年後を

舞台に描かれています。

公開当初は上映する映画館も少なく21館

とかなり少なかったのですが、口コミで

人気が広がり、急遽上映をする映画館を

増やしたのでした。

公開後から10周年を迎えた2016年には

デジタルニューマスター版が上映されるなど

今でも根強い人気がある作品です。

・サマーウォーズ(2009年)

出典元:公式ホームページより

2009年8月1日に公開。

細田守監督初のオリジナル長編アニメです。

アニメ制作はマッドハウスです。

公開から4か月という長い期間公開し、

観客動員数は123万人を超える大ヒット

作品となり、興行収入は16.5億円

でした。

普通の人でも世界を救えないかなと

考えてる時に、一番普通っぽいっていう

のは田舎の親戚じゃないかっていう、

そういうところから考え出した

引用先:Wikipediaより

・おおかみこどもの雨と雪(2012年)

出典元:公式ホームページより

2012年7月21日公開

この作品がスタジオ地図の初作品です。

この作品を作りたくて、スタジオを設立

したのですから、この大成功はうれしかった

でしょう。

全国381スクリーンで上映され、観客動員

数は341万人を突破し、興行収入は

42.2億円の大ヒット作品となりました。

この作品で、親交のあるスタジオジブリの

鈴木敏夫プロデューサーは、

 サマーウォーズ完成の後に監督が母を

失くしていること、細田が孝行息子では

なかったことから考えても、この作品が

なくした母への贖罪の意味があったのだろう

幼少期にさんざん手をかけさせておいて、

成長したら親孝行もなしで、山に入って

いってしまった『雨』は細田本人がモデル

に違いない

引用先:Wikipediaより

と語っています。

・バケモノの子

2015年7月11日公開。

全国457の映画館で公開され、観客動員数

は400万人を突破し、興行収入は51億円

を超えました。

『身近にあるものを描く』というのが

モットーで、細田監督に子供が生まれたこと

がきっかけで作られた作品です。

・未来のミライ

2018年7月20日公開

まだ未完成の時点で、世界57か国での配給

決まっているという、とんでもない作品です。

公開スクリーンも『バケモノの子』以上の

映画館で公開する見込みで、この映画も

大ヒット間違いないでしょう。

3.まとめ

大人も子供の楽しめるアニメ映画です。

このような大ヒット作品や、世界で人気のある

アニメ映画が、実は小さなスタジオ地図で作ら

れていたことに驚いています。

日本を代表する作品を今後も作り上げて

ほしいです。

今公開されている、

『未来のミライ』

家族で見に行こうかと考えています。

今回も最後までご覧いただきありがとう

ございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする