鬼原美希のつづれ織りがスゴイ!独創的な作品の購入や個展と経歴を調査!【nextクリエイターズ】

スポンサードリンク

どうも!

きらさんです!

みなさんは『つづれ織り』という手法を

ご存じでしょうか?

織物を作る際の手法みたいなのですが、

この手法を自分なりにアレンジして、

独創的な作品を作る作家さんが、

2019年11月28日の【nextクリエイターズ】

紹介されます。

その名は、『鬼原美希』さん。

この方の作品にとても興味がわいたので、

今回は『鬼原美希』さんについて調べてみました!

目次

1.鬼原美希さんのプロフィール

2.鬼原さんの作品紹介!

3.作品の購入はできる?

4.まとめ

スポンサードリンク

1.鬼原美希さんのプロフィール

出典元:https://www.facebook.com

名  前 : 鬼原美希(きはら みき)

生年月日 : 昭和61年生まれ

出身地  : 千葉県

ニックネーム:キムさん

学  歴 : 多摩美術大学大学院

大学院修了後、環境デザイン学科の副手を

勤めていましたが、2015年3月に退職します

『日常の物語』をテーマにして、織物を作って

いたのですが、安定と環境の変化を求めて

なんと、船での世界一周に旅立つのです!

環境を変えたいからと言って、世界一周は

なかなかできないですよね!

鬼原さんの行動力には驚かされました!

そして、世界一周の旅にはもう一つ目的が

ありました。

『世界中を旅しながら、現地の素材で織物を作る』

現地の方々とコミュニケーションをとりながら、

現地ならではの作品を作り上げていたみたいです。

船内で知り合ったご夫婦の記念プレゼントなどなど、

いろいろな出会いから、さまざまな作品を作ったのです。

一人旅が一人旅じゃない、そんな世界一周だったようです。

では鬼原さんの作品とはどんなものか

調べてみましょう!

スポンサードリンク

2.鬼原さんの作品紹介

そもそも『つづれ織り』とはどんな手法

なのでしょうか。

つづれ織りは、織物の中の平織で「つづれ錦」とも呼びます。つづれ織りは、最高の芸術品といわれるように、独特の爪掻きで模様を表現してゆく織り方で、最も歴史のある手法です。

職人たちは常に「ヤスリ」を中指と、くすり指の爪にあて、のこぎりの歯状に刻んでおき、緯糸を織り込み、多彩な模様の色糸を一本ずつ越し、その都度「筋立てしという櫛で織り寄せます。他の帯に比べると太めの撚糸(経系二十一中、十五本撚り二本駒撚、緯糸十八本撚り二本駒撚)を経・緯糸に使用します。つづれ帯の経系3、3センチメートル間に40本が普通です。経糸の下に「織り下絵」を置き、緯糸で柄を織ってゆく・・・つまり糸で画を描くようなものです。 一日数センチより織れない複雑な模様もあり、一本織り上げるのに数ヶ月もかかるものもあります。

引用先:http://kk-asada.co.jp/guide-2/

鬼原さんは、経糸(たていと)の密度を荒くし、

緯糸(よこいと)をきつく織り込むことで、

緯糸だけが見えるようにしているようです。

出典元:https://www.facebook.com

出典元:https://www.facebook.com

出典元:https://www.facebook.com

出典元:https://www.facebook.com

とてつもなく大きいものから、人物の作品

などなど・・・

幅広くいろいろな作品を作っています。

このような作品を購入できるか気になりますよね?

調べてみました!

スポンサードリンク

3.作品は購入できる?

出典元:https://www.facebook.com

退職後の2015年4月から世界一周の旅にでて、

その先々で人々とふれあい、材料を調達して

作り上げた作品を展示した個展を開きました。

最近でも2019年8月に開催された展覧会に

作品を出品しています。

今後の情報はまだありませんが、展覧会への

出品や、個展の開催など積極的に活動していく

のではないでしょうか!

その作品の購入ですが、

鬼原さんのHPでオーダーメイドできます!

過去のオーダーメイド作品には、結婚の記念や、

マチュピチュへの登頂記念、還暦の記念などなど

いろいろな、しかもうれしいシーンでの作品が

多いみたいです。

作品にも笑顔が多く、ご購入された皆さんも

幸せな気持ちになるでしょうね!

みなさんも記念にオーダーメイドしてみては?

HP:http://www.mikikihara.com/ordermadegoods/

スポンサードリンク

4.まとめ

伝統的な手法の『つづれ織り』に、

自らの手法を織り交ぜ、斬新な作品を

宇繰り上げている鬼原さん。

・大学院終了後は環境デザイン学科の副手を務める

・日常のあたりまえ、環境の変化を求め世界一周の旅に

・世界一周の旅では現地の材料でつづれ織りを作る

・オーダーメイドも可能で、うれしい記念の作品が多い

見ているだけでも幸せな気持ちになる、

素晴らしい作品を作り上げている鬼原さん。

2019年11月28日放送の【nextクリエイターズ】を

見るしかありません!

今後も応援していきましょう!

今回も最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする