唐沢菜々江(銀座ママ)の自宅はどこ?年収がヤバいけど定時制卒業の苦労人!子供や経歴を調査!【ザ・ノンフィクション】

どうも!

きらさんです!

若くして銀座ママに成りあがった

『唐沢菜々江』ママ。

埼玉県から成り上がり、銀座の一等地で

高級クラブを経営する敏腕経営者であり、

銀座で最も勢いのあるママさんです。

そんな『唐沢菜々江』ママが2020年5月3日の

【ザ・ノンフィクション】に出演されます。

今回は『唐沢菜々江ママ』の自宅や経歴、

ヤバすぎる年収と子供について調べて

みました!

目次

1.唐沢菜々江さんの経歴

2.唐沢菜々江さんの自宅はどこ?

3.とんでもない年収はどのくらい?

4.独身だけど子供がいるの?

5.まとめ

スポンサードリンク

1.唐沢菜々江さんのプロフィール

出典元:https://twitter.com/

名  前 : 唐沢菜々江(からさわ ななえ)

生年月日 : 1974年4月9日

血液型  : A型

出生地  : 東京都大田区(中学から埼玉県春日部市)

学  歴 : 大宮光陵高校中退

編入高校 : 春日部高校定時制

今では、『銀座ママ』として高級クラブの経営者として

大活躍されていますが、子供の頃はご苦労されて

います。

埼玉県の大宮光陵高校の外国語コースに入学

するのですが、ご両親の離婚問題中退しています。

その後、春日部高校の定時制に編入するのですが、

定時制は夜通う学校です。そのため、唐沢菜々江さんも

昼は移動パン屋さんや生命保険の営業などの仕事を

していたそうです。

夜も春日部のスナックで働いてもいました。

昼に仕事して、夜は学校で勉強という生活は

かなり大変だったでしょう。しかも夜も働いて

いたとなれば、かなりご苦労されたのでしょうね。

そして、25歳の時にスカウトされ、

銀座ホステスデビュー。

7件の銀座高級クラブで働いた後、2009年に

『SWEET MEMORIES』というカラオケワインバーを

オープンし、経営者となりました。

今では、経営者としてセレブな生活を

送っている『唐沢菜々江』さんの自宅は

スゴイのでしょう!

調べてみました!

2.唐沢菜々江さんの自宅はどこ?

銀座で複数のクラブを経営する唐沢さんの

自宅はどこにあるのでしょうか。

調べてみると、『南千住』『赤坂』

あるそうです。

『南千住』は一軒家なのでしょうか。

『赤坂』はマンションみたいで、家賃は

なんと40万円以上

家賃もすごいのですが、2か所もあるというのは

驚きです!

残念ながら、ご自宅の中の写真は見つかりません

でしたが、密着されているようなので、

後日また探してみます(笑)

3.とんでもない年収はどれくらい?

銀座のホステスさんはプロ野球選手と

似ているそうです。

ママになってからは、『1年契約』

2億円の売り切り契約で10年間すごした

そうです。

売り切り契約とは、

売り上げを店舗とホステスとで分け合い、

契約した売り上げが達成できるまで契約した店を

退店できないというシステム。

その時の収入は、『自分の売り上げの半分くらい』

だったらしいです。

そして店舗での最高月収はというと、

・1店舗目:100万円

・2店舗目:600万円

・3店舗目:800万円

・4~6店舗目:2000万円

・7店舗目:3000万円

この金額は月収です・・・

年収にするとかるく億は超えていますね・・・

今ではお店の経営者なので、さらに上を

いっているのでしょう・・・

想像できない世界ですね!

スポンサードリンク

4.独身だけど子供がいるの?

唐沢さんは『独身』なのですが、

20歳の時に結婚しています。

当時働いていたスナックで知り合った

男性と結婚し、21歳で長男の『和斗さん』

出産されています。


親子だけあって似てますよね。

しかもイケメン!

親子二人でオランダやスイスに旅行に

いったりしているので、仲はかなりイイみたい

です。

旦那さんはというと、いろいろと騙された

みたいで、借金を背負ったらしく、

そのためか、出産後3カ月でホステスとして

復帰しています。

5.まとめ

唐沢菜々江さんが経営している

高級クラブはものすごく豪華です。

ものまねのコロッケさんのバースデーパーティー

などを開いたりしているようで、

多くの芸能人も来店されているようですね。

女手一つでこどもを育て、高級クラブの

経営者として成功を収める『唐沢菜々江』さんは

スゴイ人です!

【ザ・ノンフィクション】では長期間に

渡って密着取材されていたそうです。


どのような生活をされているか

とても楽しみですね!

今回も最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする