ホンダエンジン!F1最強伝説その①

スポンサードリンク

F1を語るうえで欠かせないのがやはりホンダエンジンでしょう。

ホンダはマシンからエンジンまでをすべて自分たちで作る『フルワークス体制』

で1964年から1968年までF1に参戦しています。

1983年から1992年の第2期では独自のマシンは作らず、エンジンのみを

他のチームに供給する『エンジンサプライヤー』として参戦していました。

僕自身が最強と言っているのは、1983年から1992年までの第2期です。

マクラーレンやウイリアムズといったトップチームにエンジンを供給し、圧倒的な

速さを誇っていた、第2期のホンダを紹介したいと思います。

目次

1.ホンダエンジン!F1最強伝説:ホンダのカムバック

2.ホンダエンジン!F1最強伝説:1983年F1への復帰

3.ホンダエンジン!F1最強伝説:1986年タイトル獲得

4.まとめ

1.ホンダエンジン!F1最強伝説:ホンダのカムバック

1978年にホンダはレースへの復帰を発表します。

レースこそがホンダであり、そして世界でNo.1の最高の技術をみせるために

ホンダはレースへの復帰を決めました。

しかし、撤退してから10年の年月が経ち、その進歩に即復帰とは出来ず、

まずはF1ではなく1980年からF2に参戦し、経験と実績を積むことに

しました。

F2について簡単に説明します。

ドライバーがF1にステップアップする道筋として、

F3→F2→F1

という流れが一般的で、F2はF1の下部組織のような立ち位置で、ドライバー

としてはF1へステップアップするための登竜門でした。

ですが、F3で活躍したドライバーが、F2をスキップしていきなりF1

デビューするということが多くなり、だんだんと存在意義が薄れてきました。

ホンダがF2に参戦してからわずか4年で廃止され、別カテゴリーに移行

されました。

さすがのホンダでも、この10年のブランクは大きかったのでしょう。

いきなりF1には飛び込むことはせず、じっくりと焦らず確実にトップを

とる方法を選んだのです。

F2での結果といえば、さすがホンダです。

参戦2年目でチャンピオンになりました。

また1983年から1984にかけても通算12勝をあげるという

とてつもない成績を収めました。

この成績を引っ提げてついにF1に参戦します。

2.ホンダエンジン!F1最強伝説:1983年F1への復帰

第2期復帰初戦は、1983年7月のイギリスGPでした。

ホンダはスピリットと呼ばれるチームにエンジンを供給するという形で

F1に復帰したのです。

ホンダの復帰初戦ということもあってか多くのメディアが駆け付けましたが、

結果は5周でリタイヤの惨敗。

当時のホンダは、F1の第1期の経験があるスタッフが少なく、若い技術者が

で構成されていたのです。

若い技術者をこのF1という世界で成長させたいという思いがあったのです。

そして、1983年の最終戦からウイリアムズチームへエンジンを供給を開始

します。

供給を開始したエンジンはV6ターボエンジンで、翌年の1984年の

第9戦で1982年のドライバーズチャンピオンのケケ・ロズベルグの手に

より復帰後初優勝を飾るのでした。

復帰してからたった1年で優勝するのはさすがホンダです。

これも、いきなりF1に復帰するのではなく、F2とい下位カテゴリーで

実績と経験を踏むという決断があってこその結果です。

いきなりF1に復帰していたら、第1期からのF1の進歩についていけず

ここまで早く結果を残すことはできなかったでしょう。

ホンダの第2期はF1黄金期と呼ばれていて、通算71勝を挙げることに

なるのですがその最初の優勝をあげたのがこの勝利でした。

優勝という結果は出したのですが、その後はいい成績を残すことが出来ません。

エンジンに基本的な問題を抱えており、それを解決できないまま残りの

シーズンを終えました。以降の7戦は2回の感想と残りはすべてリタイヤ

という結果でした。

1984年はこの1勝にとどまりますが、ホンダは勝つために、

勝てるエンジンを作るために技術者・規模を大幅に増やす計画を立て

開発に没頭していきます。

その努力が実り始めるのです。

翌1985年もウイリアムズチームにエンジンを供給し、ドライバーには

あのナイジェル・マンセルを向かい入れます。

1985年シーズンは4勝を挙げ、ヨーロッパグランプリでは

ナイジェル・マンセルがF1で初優勝を遂げるエンジンとなりました。

余談ですが、F1史上最高のドライバーと言われるアイルトン・セナは

ホンダエンジンで3回のドライバーズチャンピオンを獲得しており、

『ホンダの申し子』と呼ばれていました。

そのセナがホンダエンジンの獲得をチームに熱望するようになったのが、

この年のカナダグランプリでした。

アイルトン・セナはホンダエンジンを搭載したウイリアムズのマシン

なすすべなくにあっさりと抜かれてしまったのです。。

その衝撃からホンダエンジンを熱望するようになったといわれています。

3.ホンダエンジン!F1最強伝説:1986年タイトル獲得

1986年からは常にチャンピオン争いをするようになります。

前年と同じくナイジェル・マンセルとネルソン・ピケのコンビで、

1986年は全16戦中9勝を挙げてついにコンストラクターズタイトル

を獲得するのです。

ついにタイトルを獲得します。復帰からわずか3年です。

確かにトップチームのウイリアムズとパートナーシップを組んでいるから

とはいえ、そのトップチームを射止めたのはやはり、ホンダにトップに見合った

力があったからです。

この年の最終戦オーストラリアグランプリには、故本田宗一郎さんも観戦に

訪れていました。

スタッフの労をねぎらい、全員の前で正座し、地面に額がつくほどに頭を下げ

ました。

結果を出したスタッフには敬意を表する。ここまでできる人は、なかなかいない

のではないでしょうか。

僕自身の勤めている会社は今はやりの黒い会社でした。自分のことだけを考える

社長だったので、このような話を聞くと『この人のためがんばろう』と思えて

きます。

翌1987年も前年同様強さを発揮します。全16戦中9勝を挙げ、

2年連続のコンストラクターズタイトルを獲得し、ドライバー部門では、

ネルソン・ピケがドライバーズチャンピオンに輝き、ついにダブルタイトル

獲得したのです。

ちなみに、この年はロータスチームにもエンジンを供給しています。

そのドライバーは、あのアイルトン・セナです。前年のカナダグランプリで

獲得を熱望し、実現させてしまったのです。

そして、パートナーは日本人初のフル参戦ドライバー中嶋悟でした。

ホンダは中嶋悟の個人スポンサーということもあり、ホンダの力でドライバーの

座を手に入れたように思われがちですが、中嶋悟は速いドライバーでした。

特に雨が降ったレースでは、パワーの劣る非力なマシンであっても、

トップチームのドライバーにも劣らない走りで、ガンガン追い回していました。

『雨のナカジマ』

そう呼ばれていました。

雨が降るとマシンが滑りやすくなりますが、そのおかげでハンドル操作が軽く

なり操作性があがるからだそうです。

他のドライバーは滑りやすくなるので、抑えながら走るのですが、中嶋悟は

滑りやすいからという逆転の発想で楽にそして速くドライブできるのです。

僕自身、毎回のようにレースで雨が降ればなあと何度思っていました。

雨が降れば、あのアイルトン・セナとまともにやりあえるチャンスがあったのです

からね。

そうなれば、もしかしたら日本人初優勝といったことになっていたかもしれません。

その中嶋悟も関係していますが、ホンダはイギリスグランプリでとんでもないこと

をやってのけます。

1987年イギリスグランプリ

優勝:ナイジェル・マンセル ウイリアムズ・ホンダ
2位:ネルソン・ピケ    ウイリアムズ・ホンダ
3位:アイルトン・セナ   ロータス・ホンダ
4位:中嶋悟        ロータス・ホンダ

1位から4位までをホンダエンジンで独占してしまったのです。

当然ながら、フェラーリやマクラーレンといった強豪チームも参戦しています。

エンジンに至っては、ポルシェ、BMW、フェラーリ、フォード、アルファロメオ

世界に名だたる自動車メーカーが参戦しています。

その中で1位から4位を独占してしまうホンダエンジンの凄さ。

いかにホンダエンジンの性能が優れているかが改めて証明されたレースと

なりました。

4.まとめ

ホンダエンジンを作り上げたスタッフのみなさんは、並々ならぬ努力で最強の

エンジンを作ってきました。

本田宗一郎の人柄もあるのでしょうが、やはりトップに立ちたい・優勝したい

という向上心とモチベーションがすごかったのでしょう。

今までの常識では考えられないようなことをやってのけるホンダ。

1988年以降では、更にとんでもないことをやってくれます。

圧倒的な強さを見せつけます。

次回の記事で詳しく紹介しますので、お楽しみに!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする