鈴木浩子(ゲイシャガール)はプロレスラーでアナウンサーで政治家?WWEでの活躍や経歴を調査!(激レアさん)

スポンサードリンク

どうも!

きらさんです!

女子プロといえば、

ダンプ松本

ブル中野

この時代を見ていました(笑)

今回、【激レアさんを連れてきた。】

白塗り着物レスラーで世界的に有名になった人

が特集されます。

ゲイシャガールの

『鈴木浩子』さん

でしょう!

この鈴木さんですが、なんでレスラーに?

というような経歴の持ち主なのです(笑)

今回は、鈴木浩子さんについて

調べてみましたので、お付き合いください。

目次

1.鈴木浩子さんの経歴

2.鈴木浩子さんは何者?

3.まとめ

スポンサードリンク

1.鈴木浩子さんの経歴

出典元:https://twitter.com/

名 前 : 鈴木浩子

生年月日: 1975年2月14日

出身地 : 千葉県船橋市

出身校 : 明治大学文学部英文学科

所属政党: 無所属

職 歴 : アナウンサー→プロレスラー

→政治家

写真を見る限り、プロレスをやって

いたようには全然見えません!

やさしそうで、体も細く、プロレスラー

だったというのが信じられません!

鈴木さんは、1998年の大学卒業後、

福島中央テレビに入社します。

当時は『水野弘子』の名前で、

番組を担当していました。

入社から2年後に独立し、フリーアナウンサー

になります。

この時から、政治に興味を持ち始めます。

鈴木さんは夫の『鈴木健三』さんとは、

大学時代に知り合っていたとか。

夫の鈴木健三さんは、明治大学ラグビー部

出身で、鈴木浩子さんはラグビー雑誌の

取材で知り合ったそうです。

意気投合し、数年後そのままゴールイン

といった感じでしょうか!

では、なぜアナウンサーからプロレスに

なったのでしょうか?

ちょっと詳しく調べてみます!

スポンサードリンク

2.鈴木浩子さんは何者?

出典元:https://twitter.com/

経歴でも紹介していますが、

明治大学卒業後、福島中央テレビに入社

します。

独立後、鈴木健三さんと結婚します。

鈴木健三さんはラグビーの日本代表候補に

選ばれるほどの選手でした。

そんな健三さんも東海テレビに就職しますが

すぐ退社し新日本プロレス入団したのでした。

2003年に2人は結婚し、2004年から

アメリカに活動拠点を移します。

この時、健三さんがアメリカのプロレス団体

『WWE』と契約したため、英語が得意な

浩子さんも一緒に渡米します。

ここからですね!

とんでもない人生の始まりです(笑)

なんと、浩子さん本人がWWEの幹部に

気に入られたため、契約を結びます。

浩子さんとしては、通訳としての

契約だと思っていたのですが、

なんと、『ゲイシャガール』としての

プロレスラー契約だったのでした(笑)

健三さんはこの契約に喜び、しょうがなく

『ゲイシャガール・ヒロコ』

がデビューするのでした!

出典元:https://twitter.com/

ヒロコさんの試合ではありませんが、お二人が

リングにあがっている動画がありました!

3分位に夫を助けに入ります。

そして、4分位から相手の女性

レスラーと乱闘が始まります!

レスラー経験も何もないのに、

よくこの世界に飛び込んだもんです(笑)

シングルマッチもやっていて、

観客へのアピールもかなりハマってます!

この試合は『下着』マッチ的な

感じなので、ここでの紹介はやめます(笑)

気になる方は、検索してみてください!

2005年にWWEを解雇されますが、

日本で『ハッスルマニア』に出場。

あの狂言師:和泉元彌さんと対戦

したのでした(笑)

出典元:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/

もうなんでもありですね(笑)

その後、2015年に千葉県船橋市の

市議会議員に見事当選。

出典元:https://www.tokyo-sports.co.jp/

2019年には市議から県議へ挑戦し、

見事当選されました!

スポンサードリンク

3.まとめ

アナウンサーからプロレスラー

そして政治家と波乱万丈な人生を

送ってきた鈴木浩子さん。


この写真の女性は、ゲイシャガールとして

戦った女性です。

ホントに自由に生きていたんですね(笑)

今では県議として千葉県民のために

一生懸命働いているのでしょう!

2019年6月22日の【激レアさん】で

どのように紹介されるかとても楽しみです!

今回も最後までご覧いただき

ありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする