新型コロナウイルスの治療薬まとめ!治療薬は何があって日本の薬に世界中が注目!

どうも!

きらさんです。

緊急事態宣言が発出されてからも、

新型コロナウイルスの感染者は

どんどん増えています。

自粛要請だけで、毎朝出勤しないと

いけないので、人との接触はなかなか

防げません。

となれば、早く治療薬の投入を期待

したいですよね!

そして、その治療薬で日本には世界が

注目する薬が多くあります。

『アビガン』『イベルメクチン』『B38-CAP』

『アクテムラ』

今回は、日本の新型コロナウイルス

治療薬をまとめてみます。

日本が世界に誇れる、そして希望の星となる

薬です!

目次

1.アビガン

2.イベルメクチン

3.B38-CAP

4.アクテムラ

5.まとめ

スポンサードリンク

1.アビガン

『アビガン』は2014年に承認された

『富士フィルム富山化学』が開発した

インフルエンザの薬です。

2020年4月7日に安倍晋三首相が記者会見で

期待される治療薬として『アビガン』に言及

しました。

「新型インフルエンザ治療薬として承認を受け、副作用なども判明しているアビガンは、既に120例を超える投与が行われ、症状改善に効果が出ているとの報告も受けている」としながら、「観察研究の仕組みの下、希望する患者の皆さんへの使用をできる限り拡大していく考えだ。そのためにアビガンの備蓄量を現在の3倍、200万人分まで拡大する」と明言し、COVID-19患者200万人分に対応できるよう国の備蓄量を増やす方針を示した。

引用先:https://www.jmedj.co.jp/

その『アビガン』の使用できる時期については

安倍首相はさらに、「病院でアビガンを柔軟に使えるようになるのはいつ頃か」との記者の質問に答え、「(アビガンは)催奇形性という副作用があるため妊婦の方には使えないが、それを十分に認識した上で先生たちも処方される。病院の倫理委員会で使えるということになっていれば、観察研究の中で(希望する患者に)使っていただけるようにしていく。既にいくつかの病院では倫理委員会でアビガンが使えるようになっている」と述べ、倫理委員会を通過していれば医療現場での柔軟な使用は可能との考えを示した。

引用先:https://www.jmedj.co.jp/

『アビガン』の製造元の富士フィルム富山化学では

増産の準備を進めています。

そして、『アビガン』の原材料を生産する

会社でも日本政府の要請で5月から生産を再開

します。

世界30ヶ国以上の国からもアビガンの

提供が求められているそうです。

これらの国々と協力して、研究を

スピーディーに進めてほしいです!

2.イベルメクチン

オーストラリアの大学で、イベルメクチン

新型コロナの治療に効果があると発表されました。

その効果というのが

『1回の投与で48時間でウイルス99%減少』

というとんでもない効果でした。

この薬は日本の『大村智』さんが開発した

寄生虫治療薬で『奇跡の薬』とも呼ばれています。

『イベルメクチン』『大村智』さんについては

記事を書いていますので、ご覧ください。

どうも! きらさんです! 新型コロナウイルスの包囲網が 着々と進んでいますね。 『アビガン』『B38-CAP...

多くのアフリカなどの方々を救った薬が、

また世界中の方々を救うかもしれませんね!

スポンサードリンク

3.B38-CAP

あまり話題になっていませんが、

『B38-CAP』も気になっています。

これは『秋田大学』が発見した

新型コロナの受容体ACE2

同じ受容体を持つ微生物酵素です。

新型コロナウイルスは、ACE2という

酵素に結合して細胞に侵入し増殖します。

特に人間の肺にはACE2がたくさんあって、

コロナウイルスが結合して肺炎になるのです。

ACE2と似た酵素の『B38-CAP』を投与

することで、コロナが肺にたどり着く前に

結合させて重症化を防ぐという効果が

期待されています。

この『B38-CAP』についても記事を

書いていますのでご覧ください。

どうも! きらさんです! 新型コロナウイルスの薬として、 『アビガン』が正式承認に向けて 治験プロセスを開始...

この『B38-CAP』世界遺産白神山地

発見されました!

世界遺産が世界を救うのでしょうか!

4.アクテムラ

『アクテムラ』は日本の中外製薬

開発した関節リウマチ治療薬です。

その薬をスイスの製薬大手の『ロシュ社』が

新型コロナへの治験を開始したのです。

アメリカ・カナダ・ヨーロッパを含む

世界各国の重症患者さん330人を対象に

進めているそうです。

中国ではすでに有効性が確認されて、

治療指針に盛り込んでいるそうです。

この『アクテムラ』の記事もありますので

ご覧ください。

どうも! きらさんです! 新型コロナウイルスの感染者が止まりません。 ここ最近の東京では100人を超える感染者が ...

5.まとめ

新型コロナウイルスへの対抗策は

世界中で実行され、徐々に明るい

話題が増えてくるでしょう。

日本の開発した薬が注目されるのは

誇らしいですが、やはり世界中の国が

協力して、この苦難をはやく脱却

したいです。

そして、この話題が日本でも希望と

して、明るい話題になってくれると

信じたいです。

今回も最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする