新型コロナウイルスの薬はアビガンだけじゃない?B38-CAPは秋田大学が白神山地の微生物から発見した凄すぎる薬!

どうも!

きらさんです!

新型コロナウイルスの薬として、

『アビガン』が正式承認に向けて

治験プロセスを開始しました。

コロナウイルスが世界中で大流行

しているので、薬の登場が待ち遠しい

です。

薬があれば、『安心感』につながります。

どうも! きらさんです! 新型コロナウイルスの包囲網が 着々と進んでいますね。 『アビガン』『B38-CAP...

どうも! きらさんです! 新型コロナウイルスの感染者が止まりません。 ここ最近の東京では100人を超える感染者が ...

その『アビガン』以外でもコロナウイルスに

校歌があるといわれる薬もあるのですが、

その中でも『秋田大学』が発見した

微生物酵素がなんかすごそうなのです。

今回は、その微生物酵素について

調べてみました!

目次

1.秋田大学が発見した部生物酵素とは?

2.発見した場所は世界遺産の白神山地!

3.まとめ

スポンサードリンク

1.秋田大学が発見した微生物酵素とは?

ちょっと前になるのですが、秋田大学が

国際科学雑誌『Nature Communications』

掲載されました。

新型コロナウイルス受容体ACE2と同じ機能を持つ微生物酵素B38-CAPを発見~白神山地の微生物が産生する酵素が医薬品応用の可能性~

引用先:https://www.akita-u.ac.jp/

秋田大学が5年前から研究を続けていたそうで、

微生物由来のACE2投与により、重症化を

防ぐそうです。

 ACE2 は SARS ウイルスや新型コロナ ウイルス感染の受容体である一方で、ACE2 の酵素活性は心不全の症状を改善することや SARS の重症化を阻止することが知られています

引用先:https://www.akita-u.ac.jp/

新型コロナウイルスは、『ACE2』という酵素に

結合して細胞に侵入し増殖するそうです。

人間の肺には『ACE2』がたくさんあって、

コロナウイルスがくっつくことで肺炎が始まります。

過去に『ACE2』をSARSウイルス患者

投与したところ、症状が改善されたという

事例があるそうです。

なぜ、『ACE2』を投与すれば症状が改善

されたのか。

ウイルスは『ACE2』にくっつきます。

肺には『ACE2』がたくさんあります。

なので『ACE2』を投与して、肺の『ACE2』に

くっつく量を減らすことで、重症化を防ぐ

ということのようです。

じゃあ、その『ACE2』を作ればいいじゃないかと

思うのですが、ものすごく時間がかかるそうなのです。

そこで期待されているのが微生物由来の

『B38-CAP』です。

この『B38-CAP』という酵素は、

人間がもつ『ACE2』の構造と似ている

とのこと。

なので、コロナウイルスが人間の肺にある

『ACE2』とくっつく前に、この『B38-CAP』に

くっつけさせて、肺での重症化を防いじゃおう

ということです!

しかも、この『B38-CAP』は大腸菌とかを

使って大量に作ることが可能だそうです。

なので、日本は『アビガン』だけじゃなく、

この『B38-CAP』というコロナ対策の

治療薬も控えているということです!


動画では、『アビガンより副作用が少ない』

言っています。

『アビガン以上かも』とも!

スポンサードリンク

2.発見した場所は世界遺産白神山地!

この『B38-CAP』は、

世界遺産白神山地で発見されました。

秋田県の総合食品研究センターが白神山地の

土から採取した酵素の研究を5年前から

進めていました。

秋田大学で実験を重ねて、悪玉物質を分解して

血圧を下げたり、心不全の症状を改善する効果

確認できたそうです。

つまり、白神山地最強ということです(笑)

3.まとめ

新型コロナウイルスの薬を2種類も

日本が開発しています。

世界の人々を日本が開発したのです。

これは本当に誇らしいことです。

まだまだ、コロナウイルスの脅威は

消えていません。

ですが、『アビガン』『B38-CAP』が

全人類の希望の光になってくれると

信じたいです。

今回も最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする