アントキの猪木が懐かしい!爆笑ネタと気になる経歴そして今を調査!

スポンサードリンク

最近、過去の動画を見ることがありまして、

その時に、この人の名前が浮かんだんです。

『アントキの猪木』

なぜかはわかりません(笑)

突然浮かんだんです。

見ていたら懐かしいネタがあって、爆笑して

しまいました。

今回は、『アントキの猪木』の経歴やネタを

紹介していきます!

目次

1.『アントキの猪木』の経歴

2.『アントキの猪木』の今は?

3.『アントキの猪木』の爆笑ネタ紹介!

4.まとめ

1.『アントキの猪木』の経歴

出典元:https://twitter.com/antokinoda

本名:小松原  裕(こまつばら  ゆたか)

生年月日:1973年6月8日

出身地:茨城県かすみがうら市

身長:183cm

最終学歴:専門学校中央工学校建築家

所属事務所:マセキ芸能社

お笑い芸人になるまでは、千代田町役場の

公務員でした。建築課や土木課から福祉課に

異動となり、不満をもっていたようです。

ですが、高齢者方がと接していると仕事が

楽しくなってきます。敬老会やイベントの

司会を務めるようになり、その時期に

『アントニオ猪木に似ている』といわれて、

司会の時とかにものまねをするようになり

ました。

ですが、上司とか市民の人達とケンカが問題と

なって、施設管理業務に異動となり、このことを

きっかけに28歳で退職したんです。

その後は、様々な職を経験し、ショーパブで

働いていた時に渋々ものまねを始めるように

なります。

そして遂に関係者の目に留まるときが来ます。

『笑っていいとも』にアントニオ猪木の

そっくりさんとして出場し、その後デビューを

果たします。

公務員をやめるという決断はすごいです。

やはり安定を望みますからね。

しかも芸人になると決めていたわけでもない

ので、その行動力には驚かされます。

デビュー後は、『爆笑レッドカーペット』など

に出演し、大活躍します。その時のネタは、

この記事で紹介しますので、最後までご覧

頂ければありがたいです!

スポンサードリンク

2.『アントキの猪木』の今は?

芸人としての活動も続けながら、居酒屋の

オーナーを務めています。

東京神田にある

『わっしょいJAPAN倶楽部』

という居酒屋です。

運が良ければご本人もいらっしゃるとか!

ホームページが現在工事中ということで、

詳しいことがわかり次第、更新していきます!

また奥様が水処理メーカーのオーナーを

やられている実業家で、その会社の営業も

こなしているのだとか!

芸人活動、居酒屋オーナー、サラリーマンと

大活躍しているみたいです!

もしこの仕事から一つに絞るとしたらという

質問には、

『サラリーマン』

と真顔で答えたそうです(笑)

3.『アントキの猪木』爆笑ネタ紹介!

・コンビニの店員

・カーナビ

・ガソリンスタンドの店員,ファミレスの店員

個人的には『ガソリンスタンドの店員』

大好きです!

『ストーップ!』のドロップキックが

たまりません(笑)

4.まとめ

最近は、あまり見なくなったと思っていた

のですが、大活躍されていました!

Twitterを見ていると、ボランティア活動

積極的に参加されているみたいで、みんなを

助けよう、元気づけようという気持ちが

伝わってきます。

今回も最後までご覧いただき

ありがとうございました!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする