アベノマスクの生産国はミャンマー?ミャンマー協会の最高顧問は麻生太郎で安倍昭恵も?異物と利権問題を調査!

どうも!

きらさんです!

新型コロナウイルス対策として

政府から配布されるマスクについて、

『アベノマスク』と呼ばれておりますが、

異物混入やらカビなど問題が発生しています。

その『アベノマスク』の生産国が話題に

なっていて、協会名簿の最高顧問には

なんと、『麻生太郎』さんの名前が・・・

そして、『安倍昭恵』さんの名前も

出てきているのです。

今回は、『アベノマスク』の発注先と

異物混入や協会について調べてみました!

製造元について別記事もありますので、

気になる方はどうぞ!

https://kira-hamham.com/abenomask-manufacturer-1612

目次

1.『アベノマスク』の生産国はミャンマー?

2.ミャンマー協会の最高顧問は『麻生太郎』』

3.『アベノマスク』に異物が混入?

4.まとめ

スポンサードリンク

1.『アベノマスク』の生産国はミャンマー?

新型コロナ対策の一環で、日本国内に

ようやく『アベノマスク』の配布が始まりました。

日本のどこを探しても手に入らないマスクが

配布されるので、いろいろと言われていますが、

うれしい人もいるのではないでしょうか。

そのアベノマスクですが、すべて日本国内で

生産されていると思ったのですが、一部海外で

生産されているという情報がありました。

厚労省によると、今月14日から妊婦用に配った布マスク計50万枚のうち、17日時点で変色や異物混入などの報告が80市町村から計1901件あった。政府が配布する布マスクは、国内メーカーの4社が製造。企業名は現在は明らかにしていないが、5月までに同省のホームページで公表するという。業界関係者によると、4社の中にはミャンマーの工場で生産している会社もあるという。

引用先:https://headlines.yahoo.co.jp/

生産国のなかに『ミャンマー』とあります。

その『ミャンマー』に関係している政治家が

いました。

『麻生太郎』副総理。

最近、いろいろと話題を提供してくれている

『麻生太郎』さん。

今回のアベノマスクでもいろいろと関係

しているのではと言われています。

2.ミャンマー協会の最高顧問は『麻生太郎』

アベノマスクの製造元は公表されていません。

その理由が、『麻生太郎』さんが関係しているから

ではないかと言われています。

日本ミャンマー協会の最高顧問に

『麻生太郎』の名前があります。

この事から、製造元を公表しないのは

政治的な背景があるからか?と

言われています。


『麻生太郎』の名前以外でも、

  • 古賀 誠:元衆議院銀
  • 加藤 勝信:厚生労働大臣
  • 甘利 明:衆議院議員

政治家の名前が並んでいます。

そして、配送の日本郵政の株主にも

『財務大臣』の名称があります。

一時期、給付金ではなく、

『旅行券』『和牛券』などなど

利権が絡んでいるのではと疑いたく

なるような話もありましたので、

『アベノマスク』でもか!

と思ってしまいますよね・・・

そして、安倍首相の奥様、

『安倍昭恵夫人』の名前も出てきました。

出典元:https://twitter.com/

『ミャンマー祭り2016』の実行委員会名簿の

名誉会長に名前があります。

今は名誉会長を退任しているみたいですが、

ミャンマーに関係している人が、安倍首相の

近くにはたくさんいるのです。

スポンサードリンク

3.『アベノマスク』に異物が混入?

このようにいろいろな疑惑がある中で、

アベノマスク配布が開始されていますが、

異物混入やカビなどの問題が出てきています。

大金をかけて、このような失態です・・・

ちょっと信じられません・・・

4.まとめ

新型コロナの対策が遅いと言われ、

やっと給付金がきまったと思ったら、

今度は、アベノマスクでも、利権疑惑

異物などの衛生面の問題が浮上しています。

このような疑惑は無いと信じたいのですが、

いろいろと突き合わせてみると、疑いたく

なります。

はやく政府はアベノマスクの製造元を公表

して、事実を明らかにしてもらいたいです。

今回も最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする